1. HOME
  2. ブログ
  3. よくある質問
  4. よくある質問

FAQ

よくある質問

よくある質問

■ はじめて海外ビジネスに挑戦します。何から始めればよいでしょうか?

ビジネス展開先の国が定まっていない場合は、有望な国の絞り込みからはじめます。その上で、展開先の国に御社の製品やサービスのニーズがある(=お客様がいる)ことを確認するため、御社の目で現地事情を直接確認して頂くことをおすすめします。いずれの場合も、弊社が全面的にサポートいたします。

■ 感染症や治安の問題で、海外への渡航ができません。この状況でビジネスを継続する方法はありますか?

治安問題で渡航が難しい途上国での業務も手掛けてきた弊社では、感染症の問題が世界で深刻化する前から、国内外の弊社スタッフや現地パートナーとのリモート業務体制を確立しています。制約条件の中で業務を進めるための各種ノウハウの移転やツールの導入支援も行っておりますので、御社の現状と課題をこちらからご相談ください。

■ 海外展開に関心はありますが、資金が十分ではありません。どのように取り組めばよいでしょうか?

WEBを活用した情報収集や、SNSを活用した情報発信など、御社にて無料・安価に取り組める内容を含めた、段階的な海外展開の計画をご提案できます。また、海外展開に要する資金の調達も弊社にてお手伝いしております。サービスの詳細はこちらでご覧いただけます。

■ 特に支援が得意な国はありますか?

弊社コンサルタントの業務経験が豊富で支援を行いやすい国としては、ベトナム、フィリピン、インドネシア、バングラデシュ、ウズベキスタン、チュニジア、ザンビア等が挙げられます。 ただし、 これらの国々が必ずしもお客様の製品・サービスに最適な国とは限りません。弊社では、あくまでお客様の観点からみて最適かどうかを基準に候補国をご提案し、ビジネス展開を支援しています。

■ どのようなビジネス分野でも支援対象ですか?

弊社ではインフラや公共サービスに関連し、社会課題の解決に貢献する製造業・サービス業を中心に、海外展開支援の実績を重ねております。一方で、お客様のニーズに応える専門性を弊社および提携専門家が十分に提供できないと判断した場合や、弊社の既存のお客様との競合可能性がある場合は、支援をお断りすることがございます。ご理解の程、どうぞよろしくお願い致します。

■ 現地の政府関係者や民間企業をご紹介頂きたいのですが?

海外の政府関係者や民間企業、バイヤー等の「紹介」のみのご依頼は、一切お断りしております。弊社は、現地関係者とのマッチングで生じる責任もしっかりと分担できるよう、弊社と支援契約を締結したクライアント企業に限定してサービスを提供させていただいております。

■ 海外事業部としての業務の外注やアドバイザー(顧問)をお願いできますか?

はい、可能です。弊社が外部スタッフやアドバイザーとして、海外向け製品の企画・開発、情報収集、問い合わせ対応、業務マニュアルの多言語化、受発注や輸出入等の各種作業を共同で行いつつ、ノウハウを御社に移転いたします。御社の海外ビジネスの現状と作業量・頻度に応じて、弊社によるサービスの内容や費用が異なりますので、詳細はこちらからお問い合わせください。

■ 将来の売上に連動した「成功報酬」での依頼は可能でしょうか?

弊社の支援サービスのうち、企画構想の段階から売上を上げ始めるまでの土台づくりである「構想~商業化」段階の支援に関しては、その労務に応じた対価を頂戴しており、「成功報酬形式」でのご契約は一切承っておりません。
他方で、マッチングや顧客紹介等により、既存の商品の販路や売上の拡大をお手伝いする場合は、お客様のご要望と弊社の支援内容に応じた報酬形態での契約を締結させて頂いております。

■ 外部の調査資金を活用するメリット、デメリットは何ですか?

外部調査資金の活用については、以下のようなメリット・デメリットがあります。御社の事業展望や経営資源に応じて、適宜活用を検討されることをお勧めします。

<メリット>

  • 自社の費用負担を抑えつつ海外展開に取り組める
  • 資金提供者の知名度やブランド力を活用できる
    (例:日本の政府系の資金支援を受けて、相手国政府に働きかける等)
  • 資金提供者による情報発信で、高いPR効果が見込める など

<デメリット>

  • 資金の獲得まで長い時間を要し、その間の機会損失が大きい
  • 資金提供者によっては熾烈な企画競争があるなど、資金獲得の不確実性が高い
  • 事後精算の補助金制度の場合、自己資金が先出しになる
    (5,000万円の補助を受けるため、1億円を先出しする必要がある)
  • 資金提供者の意向で、ビジネスに関連のない活動を強いられる場合がある など
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事